はり・マッサージと電気治療器を組み合わせた新しい治療スタイル

来院のアドバイス

  • HOME »
  • 来院のアドバイス

初めての来院から治療までの流れ

治療までの流れ図解

来院の目安

はじめのうちはできるだけ2~3日に1回のペースで3回,通っていただき、少しずつ改善がみられてきたら、1週間に1回,2回などと、通う回数を減らしていくことがいいと思います。

1度の治療で症状が改善された方も、再発が起こらないようにするためには、最低3回は通って下さい。

症状がなくなってからも、快適な生活をするには、月に1、2回は身体のメンテナンスをして筋肉疲労をとり、症状の予防に努めることをおすすめします。

来院サイクル図解

通院中に注意していただくこと

  1. 同じ姿勢をとり過ぎない(デスクワークやドライブなど)
  2. 重いものを持つときは必ずひざも落として持ちましょう
  3. 1時間に5分程度は身体や眼を休ませましょう
  4. 冷やさないようにしましょう
  5. 思い出したらゆっくりストレッチをしてください

痛みが改善されるまでには患者さん一人一人に差があります。

それは、患者さん一人一人の感受性の違いにより、効果が現れるまでの時間が異なるからです。治療を続けていくと必ず少しずつですが効果が現れてくるので(身体が変わりかけているとき、人はその変化に気づきにくい)、自分で判断せずに気軽にご相談ください。

治療にあたって

  1. 治療にはすべて使い捨ての鍼を使っており、手指の消毒も十分に行っています。感染の心配はありません。
  2. 時に鍼をした場所が内出血をおこす場合がありますが、1~2週間ほどで自然に消滅します。体への悪影響はありません。
  3. 副作用はほとんどありませんが、時に治療後にだるくなったり疲れやすかったり、もみ返し様の症状が出ることがありますが、それは鍼が効いている証拠なのであまり気にせずお風呂に入ったり、ゆっくり休んだりしてください。

*鍼をすることにより様々な反応が起こるためといわれています。

自分でできること・・・

1.温める

・温めることにより、筋肉が緩み血管が拡がるので、血液の流れが良くなる

2.ストレッチや運動・筋肉トレーニング・ストレッチをする

・ストレッチをすることにより、筋肉が柔らかくなり、血液の流れが良くなる
・運動は、全身の筋肉を動かすので血液の流れが良くなる
・筋肉トレーニングは、血液を運ぶ力をUPさせ、血液の流れを良くするので、血液の流れが良くなる

3.ストレスを溜めない

・精神的ストレスがかかると、身体を活発にする神経(交感神経)が、出っ放しになり、交感神経の作用により
血管を収縮させ、血液の流れが悪くなる

4.大きく深い息をする

・ストレスがあると人は、呼吸が浅く速くなり、それにより酸素不足を起こし、呼吸回数を増やし酸素不足を補お
うとする。そうなると、呼吸を助けるために首の筋肉が必要以上に使われ筋肉疲労を起こす。これにより、血液の流れが悪くなり 老廃物が溜まり、痛みやコリの原因になる

・深く息をすることにより、身体をリラックスさせる神経(副交感神経)が刺激され、副交感神経の作用により血管が拡張し、血液の流れが良くなる

お気軽にお問い合わせください TEL 048‐294-8915 平日10時~13時 17時~21時 土曜14時~18時
日曜9時~13時 休診日:木曜・祝日

診察日・受付時間カレンダー

 午前午後
平日10時~13時17時~21時
土曜14時~18時
日曜9時~13時

休業日:木曜・祝日

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © けい鍼灸整骨院 All Rights Reserved.